ero05

エロスについて展


タイトルがなかなかインパクトありますね。

みなさん、エロスって言われたらどんなことを思い浮かべるでしょう。

どちらかと言うと、男性目線からのイメージが世の中には定着しているように思います。

そしてそのイメージはおおむね変態チックであったり、甘美な雰囲気であったり、、、。

ero03

そんな中、今回僕が行ってきたのは、友人の絵描き(イラストレーター)さんとそのお仲間の女性4人のクリエイターさんが企画した展覧会。

女性目線からのエロス。

ero05

 

やはり男性がイメージしているのとは全然違うんですよね。

色使いがビビッドなものや、官能的な雰囲気と言うより少しファンタジーなものであったり。

ero02

 

ero04

アート的なことは全く解らない僕ですが、男性が思い描くものとは全く違う作品ばかりでとても新鮮でした。

僕がやっている映像の仕事は、じつは女性用の商品のプロモーションでも作り手は男性ばかりなのがほとんど。

クライアントさんが女性でも、実作業する側が男性ばかりなのでどこか手探り状態のことが多々あります。

逆に男性用の商品などでは、新鮮なアイディアが出てこないこともちらほら。

やはり女性目線のイメージを入れることで、表現の仕方やコンセプトはだいぶ違ってくるのだなぁと思った次第。

自分の仕事にも活かしていければ良いな〜と、、、こんなところでも仕事のことを考えてしまうのは悪い癖ですね。。。

 

とにもかくにも、友人の絵描きさんはじめ主催者の方々、お疲れ様でした。

今後の活躍を願っています。

 

[著者/宇治圭介]

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)